発達くんの日々の記録

ADHD&ASDの息子のこと、などなど。

【ワーク】2021/05/16(日)朝

f:id:Lico_w:20210228130755p:plain

おはようございます。

昨日は休薬日だったせいもあり、朝からずっとハイテンションで暴れまくりまして、久しぶりに夕飯前に電池切れになりました。
そのまま朝まで爆睡したので、今朝の寝起きはよかったです(笑)

 

さて、今朝のワークは・・・

◆ChallengeEnglish

f:id:Lico_w:20210516083652j:plain

発達くん、今朝もがんばりました。

なんだかんだでレベル1からやり直すことになりました。
簡単すぎていっぱいやっていました(笑)
ま、簡単なところをやって自信をつけてくれたらいいんですが・・・。

発達くんは『自分で高めのハードルを設定して、それをクリアできないとグズグズする』という(めんどくさい)傾向があります。
ChallengeEnglishのスピーキングの判定で『Super』が出せないことが納得できないらしく、朝からグズグズしました。
別に『OK』でもいいと思うのですが、一種のこだわりですね~。

 

【ワーク】2021/05/15(土)朝

f:id:Lico_w:20210228130755p:plain

おはようございます。

発達くん、今朝はなんとかがんばっています。
上手くいかない日があると話し合いをするので、本人なりに反省したり、次からはちゃんとやろうと決意をするようです。
問題は、それがいつまで続くか?ですね。
なんせ良くも悪くも忘れっぽいので(笑)

 

さて、今朝のワークは・・・

◆考える力プラス 1年生5月号 算数×1
◆考える力プラス 1年生5月号 国語×1

 

発達くん、今朝もがんばりました。

国語で擬音語をやったのですが、発達くんは音の表現にも特徴がありました。
「こんこん」「ばんばん」のような一般的に繰り返しになる音を、「こんかん」「どんぱん」のように表現していました。
ん~、なんの影響だろう?

 

時間を可視化してみる

昨日はいい傾向だったのですが、結局1日しか続きませんでした!(残念)
また今朝も、グダグダでした・・・。
学校にはなんとか間に合わせましたが。

 

さて、これが果たして発達障害由来なのかはわからないのですが、発達くんは『時間』に関して、他の人とは違う感覚を持っているようです。
この感覚は『時間認知』とでもいうんでしょうか?

よくADHDの特性として、定型さんとは異なる時間感覚を持っている(もしくは時間感覚がない)、そして『遅刻』が挙げられています。
私も発達くんの時間問題の解決の糸口を見つけようと、色々なサイトを読みました。
一般的なADHDの特性からくる遅刻の原因や対策はたくさん見つかったのですが、どうも発達くんのそれとは違うようです。

ADHDの場合、見通し(準備)や時間の読みが甘い、他の事に気を取られて時間が過ぎてしまう、約束や期限そのものを忘れてしまう・・・といった原因があるとされていることが多いです。
でも、当然ながら本人が時間に間に合わないことで焦っている・困っている、という前提です。

発達くんは、ここが違うんですよね。
時間に遅れていても、準備が間に合っていなくても1mmも焦る様子がありません。
学校に遅刻しそうになっても、ワーク(=必須じゃないタスク)をやり始めようとしたりします。
ルーティンを守るという点ではASDっぽいところでもありますが・・・、でもASDって時間に正確(じゃないと嫌)なんじゃなかったっけ?みたいな(謎)

習慣化することで、タスクをこなすことはできるようになりました。
これはとてもいいことだと思っているのですが、そこに『時間』は含まれていないようなのです。なんでじゃ。

焦る気持ちがないのが特性なら、それはもうしょうがないので、感覚ではなく視覚で発達くんに理解してもらおうと鋭意努力中です。
まだまだ試行錯誤が続きます・・・。

 

発達くんに、これまで色々と試してきたものを、いくつかご紹介します。
まぁ、劇的な効果があったら今頃こんな投稿してないわけですけども(笑)

 

ホワイトボード

その日1日の予定を書いておきます。
見通しを立てやすくすることと、口頭で伝えても忘れてしまうので、いつでも見れるように書き出すようにしました。
タスクの習慣化に大いに役に立ったと思います。
習慣化したものについては、省略しても大丈夫になりました。
最初は時間付で細かく書いてタイムスケジュール表みたいな感じでしたが、最近はToDoリスト的に使っています。

 

学校のチャイム音

学校のチャイム音が鳴らせるアプリがあったので、年長さんの頃に使っていました。
時間の区切りをはっきりさせることと、小学校の『チャイムで行動』の練習も兼ねていました。
最初は面白がっていましたが、すぐに飽きました(笑)

 

タイムタイマー

Time Timer

Time Timer

Time Timer LLC無料posted withアプリーチ

残り時間を可視化する、有名なタイマーですね。
アプリも色々あります。
子供向けと紹介されていて知ったのですが、私もたまに使っています。
『30分遊ぶ』『1時間本を読む』とか、1つのタスクで、ある程度まとまった時間で何かをする時の残り時間を確認する/させるにはいいですね。

 

ルーチンタイマー

ルーチンタイマー ルーチン 時間管理 ADHD

ルーチンタイマー ルーチン 時間管理 ADHD

Hiroki Sakamoto無料posted withアプリーチ

ADHDの人向け!と紹介されていたので使っていました。
例えば『朝、起きてから学校に行くまで』には『朝ごはんを食べる』『着替える』などなど、複数のタスクがあり、連続しています。
このルーチンタイマーは、タスク分のタイムタイマーを続けてセット&起動できるという感じです。
1つのタスク(タイマー)に対して、タイムタイマーのような残り時間の可視化に加え、スタート時は「○○を始めてください」、1/2と1/4のところで「残り○分○秒です」のように音声で教えてくれる機能があるので、つい他の事に気を取られてしまう人にオススメです。

 

Googleカレンダー

色々試してきて、つい最近にこれに辿り着きました(笑)
ここ数日のゴタゴタで、タイムタイマーやルーチンタイマーでは、今やっているタスクの残り時間は把握できるけど、一連の流れの中で『今どこまで進んで/遅れているのか』がわかりにくいのかな?と思ったんです。
ということで、朝の2~3時間程度のタイムスケジュールにフォーカスできて、かつ現在時刻が自動更新で表示されるアプリを探した結果、Googleカレンダーでした。
灯台下暗し・・・結構色々探したのに!

f:id:Lico_w:20210514231348j:plain

大体こんな感じで使っています。
これだと○分○秒といったタスクの正確な残り時間はわからないですが、タイムタイマーやルーチンタイマーでは見えなかった『全体のうちのどの辺か』『全体の残りはどのくらいか』が見えると思いませんか?

ちなみに私はGoogleカレンダー愛用者ですが、Googleカレンダーアプリは使えねぇ使っていなかったので発達くん専用にしちゃえましたが、元々自分用でこのアプリを使っている方だと、毎度表示の切り替えが面倒かもしれませんね。
あと、アプリだと各予定に時間は表示できないみたいなので、 タイトルに自分で入れて見えるようにしています。

 

で、これを使って昨日上手くいったのですよ!
良い手ごたえかも?と思ってたのですが、今日はアプリを見るところまでいかず寝起きでグダグダしちゃったので、効果のほどはまだ検証中です・・・。