発達くんの日々の記録

ADHD&ASDの息子のこと、などなど。

発達くんは気づかれにくいタイプ

f:id:Lico_w:20210227113751p:plain

ウチの発達くんは、ADHD(注意欠陥・多動性障害)とASD自閉症スペクトラム障害)の診断を受けていますが、どうも幼稚園等では気づかれにくいタイプのようです。

幼稚園では教室を飛び出してしまったりするような、いわゆる問題行動がありません。
強いこだわりや他害等もなく、明るく元気、大人子供問わず誰とでも積極的に関わり親しく接します。
先生たちが特に扱いに困ると感じるような行動もないようで、むしろ扱いやすい子供と見られていました。
幼稚園の個人面談で相談した際も
「年相応ですよ~、発達障害なんてないない!」
と一笑に付されたくらいでした。

我が子を発達障害と診断されたくない(普通の)親御さんなら
「ああ、よかった。先生が言うなら安心!」
となったところでしょうか。
私は息子の発達障害を疑っていたというよりは、ほぼ確信を持っていたため、自分で動いた方がいいなと判断して、そこから積極的に診断を取るべく行動しました。
結果、診断が下り、発達検査ではものすごい凸凹なスコアを叩き出しました。
IQは標準ど真ん中だったので、尚のこと気づかれにくいのだろうなと感じました。

幼稚園には診断結果を伝えて、少し気にかけてもらっています。
診断があると、先生方も「そう言われれば、確かにこういうところがありますね」と特性と紐づけて考えてくださることが増えました。
療育等も診断があると話がスムーズに進みます。
診断は印籠のようです(笑)

問題行動が見られない事自体はいいことだと思うのですが、そのせいで本人が困っている事にも気づいてもらえないとすると、適切な支援も受けられなくなってしまうかもしれません。
ウチの発達くんは、どうやら気づかれにくいタイプのようです。
この春から小学生になり環境が変わるので、正直心配です。