発達くんの日々の記録

ADHD&ASDの息子のこと、などなど。

夜驚症のお知らせ

f:id:Lico_w:20210317122813p:plain

最近は減りましたが、発達くんは夜中に目を覚まし、おいおいと泣くことがあります。
翌朝は号泣したのが嘘のように普通にしていて、聞いてみても本人は全く覚えていないんですよね。
以前は泣いているだけでしたが、少し大きくなると「いたいいたい」と叫び、最近は泣きながら何かしゃべっています。あまり聞き取れないけど。
座って手足をばたつかせたり、ベッドに立ち上がって地団駄を踏んだり。
長くても10分か15分程度で収まり、これまた嘘のようにすーっと寝ます。
小さい頃は痛みを訴えていることもあってケガや病気を心配していましたが、翌日にはケロっとしているので、どうも健康上の問題はなさそうです。

調べてみたら、夜泣きとは違い『夜驚症』(やきょうしょう)と言うようです。

さいころからなので、なんとなくパターンも読めていて、発達くんの場合は日中に初めてのことがあったときや強いストレスがかかったときに泣くことが多いようです。
私が日中一緒にいたときであれば「今日は泣きそうだな~」というのがわかりますが、幼稚園での出来事などは把握できていないこともあります。
でも、何度も繰り返すうちに、予兆があることに気づきました。

足が痛い

寝る少し前くらいから言い始めます。
どうも、発達くんはストレスを身体的な痛みとして感じているようです。
痛がる場所はいつも同じで、両足のすね、です。
本人は泣いたことを覚えていませんが、家族が話をしているので認識はしています。
なので最近はもっと具体的に
今日は足が痛いから泣くかもしれない
というお知らせにかわりました(笑)

こちらも心の準備ができるので助かります(笑)

 

ここからは以前聞いた話でうろ覚えなので、違ってたらごめんなさい。

人間の脳は、日中の記憶を夜中眠っている間に整理するのだそうです。
小さい子供の脳はまだ未熟なので、強い刺激があった日などはその処理中にパニックを起こすことがあり、そのせいで夜中に泣き出してしまうことがあるようです。

痛みを訴える場合は本当の病気やケガが隠れていることもあるので注意は必要ですが、発達くんのようにストレスを痛みとして感じているケースがあるようです。
心因性疼痛』(しんいんせいとうつう)というらしいです。
このとき子供は本当に痛みを感じているので「どこも悪くないのに、大げさだな。この嘘つき!」みたいな対応は絶対NG。
さすってあげたりして、落ち着くのを待つのが良いと思います。

・・・というか、外部からは特にできることがないというのが正解かも。
まぁ、ものすごい泣き方するので、最初のうちはびっくりしますけどね。
最近は慣れました(笑)

『勝手に落ち着くから大丈夫』と思って、子供の身の安全だけ確保しつつ、待つのみ!

 

さいごに。
発達くんは発達障害持ちですが、夜驚症睡眠障害)=発達障害ではありません
発達障害の人は睡眠障害を抱えるケースがあり、その睡眠障害のうちの一つが夜驚症ということですので( `・∀・´)ノヨロシク

(変換候補になつかしいの出てきたので使ってみた)