発達くんの日々の記録

ADHD&ASDの息子のこと、などなど。

主治医に何を求めるか

f:id:Lico_w:20210318180554p:plain

発達くんのお薬(コンサータ)をもらいに、クリニックに行ってきました。
このクリニックは小児専門ではない、普通の精神科です。

今回は、発達くんの主治医探しをした時のお話です。
これまた個人的な見解という事で、ひとつ。

 

発達くんは自治体の発達支援センターで最初の診断を受けました。
そこから主治医を探すことになって、まず思ったのは・・・
発達障害って、何科?』
グーグル先生に聞いてみたところ候補がいくつかでてきました。

一番専門っぽいのは、発達障害外来や児童精神科ですよね。
検索してみると児童精神科を掲げている医療機関はかなり少なく、あっても数か月待ちとか新患は受け付けていないといったところばかりでした。
小児神経科はさらに少ない印象です。
発達障害外来はその名の通りでまさに専門ですが、最近増えてきているとはいえ、やはり少なく待ちが長くなりそうですよね。
ウチの近場になかったこともあり、残念ながら候補から外れました。
普通の小児科でも診てもらえるところもあるようですが、発達くんが普段お世話になっている小児科はサイトにも特に記載がなかったのと、地元で人気(?)の激混みのクリニックなので、ゆっくり相談というわけにはいかなそうだ、と判断しました。

消去法で残ったのは普通の精神科。
ん~、逆に結構な数があるから選ぶのが大変かな・・・と思いながらも調べ始めると、通える範囲で未就学児を診てくれるところというと自然と候補は絞られました。
その中でよさそうなところを(直感で)選び、念のため電話で5歳児を診てもらえるか確認して、予約を取り受診してきました。
そして、そのクリニックでそのままお世話になることに決めました。当たりでしたね。
発達くんを連れて何軒も巡ることにならなくてよかったです。
(私はわりと自分の直感を信じるタイプです)

今回たまたま1件目で自分たちと合うクリニックを見つけられましたが、主治医選びでは、医師の方針や相性は重要だなと思いました。

私が受診前に考えたことは『主治医に何を求めるか』でした。
求めるものは人によって違うので、他の人の評価(口コミとか)だけでは判断できないと思うのです。

例えば『診断が欲しい』なら、早めに診断を出す方針の医師を選ぶということですね。
特に子供の場合は、いわゆるグレーゾーン(疑い)として確定診断を出さずに様子を見る方針の医師も多いと聞きます。
その方がご家庭の方針と合っている場合もあるでしょうし、どちらが良い悪いではなく、合う合わないの問題ですよね。
その他にも、カウンセリングをメインにしてほしいとか、子供への対応方法を相談したいとか、優しい口調の先生がいいとか、女医さんがいいとか、予約がすぐ取れるとか・・・人によって色々と希望がありますよね。
先にそれらをリストアップしておいて、特に何を重視するかを自分の中で整理しておくと、判断材料になると思います。

あと、薬物治療でコンサータを希望している場合は注意が必要です。
これは私も後から知ったのですが、現在コンサータは登録医でないと処方できないお薬なのだそうです。
登録医がどのくらいの割合いるのかはわかりませんが、もしコンサータを念頭におかれているなら、念のため事前に確認しておいた方が良さそうです。
発達くんの主治医の先生はたまたま登録医でした。よかった。
コンサータ以外のお薬はどの医師でも処方できるようです)

 

ちなみに私が主治医に求めることは

  • しっかり診断を出してくれる
  • 幅広い選択肢を示し選ばせてくれる
  • 医師→患者の一方通行でない 、患者→医師で相談もできる
  • 威圧的でない、フランクに話せる(親子とも)

という感じです。
方針が偏り過ぎていたり、患者は黙って医者の言うことを聞いていればいいんだよ!ってタイプの人だけは勘弁ですね~。
今の先生は非常に柔軟なタイプなので、ありがたいです。