発達くんの日々の記録

ADHD&ASDの息子のこと、などなど。

ストリートデストロイヤー・・・からの分数

f:id:Lico_w:20210326113646p:plain

発達くんの朝のタイムスケジュールを小学校生活に合わせてシフトしています。
今まで時々しか見れなかった『シャキーン!』を毎日見れるようになって、最近『ストリートデストロイヤー』を見ました。

 

「ストリートデストロイヤーに『1』と『ナナメ』と『10』って書いてあったね?」
後日、療育に行く途中に発達くんから(いつもの)脈絡のない質問が。
『ストリートデストロイヤー フィギュア 1/10
じゅうぶんのいち、ですね。分数ですね。
・・・チャンス到来!

 

発達くんに教えてみたこと

1/10は、10個に分けたうちの1個という意味だよ。
フィギュアを10個並べたら、おじさんと同じ大きさってことだね。
こういう『何分の何』というのを『分数』というよ。

おじさんを10個に分割すると事件になるので、お金をくずす方がイメージしやすいかな~?と思って、硬貨に例えて説明することにしました。

『100円玉1枚はくずすと10円玉10枚になる。だから100円の1/10は10円』
『100円の10/10は100円』
『100円の20/10は200円』
『60円の1/3は20円』
『100円の1/4は25円』
『100円の1/4と1/4を足したら2/4で50円』

・・・このくらい教えてみました。

 

分数の何かが発達くんにツボったらしく、「100円の3/10はいくら?」みたいな問題を出すとテンション高く回答してゲラゲラ笑っています。
もっともっととクイズを要求、療育に着くまで延々と出題をさせられました(笑)