発達くんの日々の記録

ADHD&ASDの息子のこと、などなど。

スペクトラムはゼロとイチの世界?

f:id:Lico_w:20210424224931p:plain

自閉症スペクトラム障害

h-navi.jp

スペクトラムとは『連続体』。
元々色々な診断名に分かれていたものを一つにまとめているため、症状が多岐にわたり程度も人それぞれであるという意味合いですかね。
(まとめ方が結構乱暴ですよね・・・)
グラデーションと表現されることもありますね。

そんな自閉症スペクトラム障害ASD)の診断を受けている発達くんですが、ASDの中では旧診断名でいうと『アスペルガー症候群』に分類されるタイプです。

アスペルガーの特性の一つに『ゼロイチ思考(白黒思考)』というものがあります。
物事があいまいな状態が嫌で『0か1か』ハッキリさせたい、白黒つけたい特性だといわれていますが、私の周りのアスペルガーさんたちの多くは、ハッキリさせたいというより『0か1か』しか認識していない(できない)ように見受けられます。

ってか、スペクトラムなのにゼロイチ思考って、なんか腑に落ちない(笑)

で、このゼロイチ思考で問題になるのは多分その閾値だと思います。
一般的な0~100のうちの50あたりだったら、ちょっとニブいとか杓子定規とか融通が利かない程度ですむのでしょうが、発達くんはこの閾値がかなり偏っているようで、ものによっては90か95位のところに閾値が設定されているんですよ。

たとえば私が発達くんに声がけするとき、最初は普通に「○○してね(10)」と促したり「時間が過ぎているよ!(20)」とか注意するわけですが、言っても全然動かないと、こちらは30、40とレベルを上げていきます。
それでも何度言っても「うん、わかった!」といいながら遊んでいたりするわけです。
こちらがさらに50、60、70とレベルを上げても、発達くんは遊んでいます。
もうこのころには注意ではなく怒っているレベルなわけですが、80でも発達くんは平然としていまして、90になった瞬間に初めて『怒られた!』と認識するんです。
こちらとしては段階を踏んでいるのに、発達くん側からすると『突然強く怒られた!』という印象になるようで・・・。

10/20/30/40/50/60/70/80 90/100
発達くん 0 1

こんなイメージですかね?

今のところ、意図的に90~100のレベルで強く言えば動くのですが(※)、発達くんもその瞬間『強く怒られた!』となりますし、こちらの喉も心も正直キツいですよ(泣)
そしてもっとキツいのは、発達くんはその後すぐに平然としていること!
ノーダメージ!!!
こっちは色々ダメージ残ってますよ・・・?
これを日に何度も繰り返されたら、ダメージ蓄積で私はボロボロです。
※ダメージが残るタイプにはやらない方がいいと思います

ちなみにウチの毒母もこの思考タイプです。
10~80は真剣に受け取らず、こちらが90超えてから「そんなに強く言わないでよ!」とか反論してきますが「普通に言ってる間に聞かなかったのはそっちでしょうが!!!」ってことですよ。プリプリ。
毒母は私がマジ切れすることもあるレベルなので、それはそれで私に深いダメージが!

ということで、こんな風にはなってほしくないので、発達くんには「怒られる前の注意されている段階で動けるようになろう」ということを伝えて、練習中です。
注意の段階で「・・・怒られないとできない?」と付け加えたりして、気付いてもらうよう促したりもしています。

感覚として気付けるようになるのは難しいのかもしれませんが、パターンなどで覚えて、いつか自分で気付けるようになってほしいですね。