発達くんの日々の記録

ADHD&ASDの息子のこと、などなど。

ゲームは毒か薬か

発達くんはゲームや動画が大好きです。
Switchや、タブレットで知育アプリからソシャゲにYouTube・・・ですね。

昨年以降、長期化するコロナ禍の影響もあってか、子供のゲームや動画の『依存』について語られているのを見聞きすることが増えたなぁという印象です。
『ゲーム障害』という疾病分類もできたそうで・・・。

ただ、そういった話題では純粋に依存症に関する内容だけでなく、まだまだ『ゲーム=悪』のような風潮があるように思います。
悪いのは『依存してしまうこと』や『依存してしまう要因』であって、ゲームや動画そのものではないはずなんですけどね・・・。
子供をゲームや動画に触れさせない、制限することは決してベストな方法ではなく、依存しないで楽しめる方法や、自分をコントロールすることを教える方がいいんじゃないかな~?って思います。
そして依存してしまう理由の方を解決しないと、対象を遠ざけるだけでは結局また他の対象に移るだけになりかねません。
抑圧されて育った人が大人になって弾けちゃった話とかも、よく聞きますよね・・・。
(特性上どうしても難しい場合や緊急時は、触れさせないという方法もアリですが)

夫くんも私もゲームをやるので、我が家は基本的にゲーム肯定派です。
動画はネットニュースに取り上げられているものを見る程度ですが、全部が悪いものとは思いませんし、実際発達くんはゲームやYouTubeから学んできたことも多いです。
(もちろん良くないものも沢山あるので、内容に注意は必要です)
小学校で仲良くなったお友達と最初に話したのも、ゲームの話題だったそうです。


この辺の考え方やルールは様々だと思いますが、我が家はわりと緩い方かと思います。
我が家のルールは、子供も大人も
『やるべきことをちゃんとやっていれば、あとは自由!』
です。

ゲームやタブレットに時間制限は設けていません。
朝なら起床~身支度やワーク、帰宅後なら宿題や翌日の準備等を早く終わらせれば、その分自由になる時間が増えます。
自由時間は、何をしてもOKです。
好きなことに没頭することも、良い経験になると思っています。

そのかわり、発達くんがやるべきことをちゃんとやらない場合は、ゲームもタブレットも一切やらせません。
ASDの特性に対しては一貫性が特に重要なので、ルールは徹底しています。
(ゼロイチ思考なので例外があると理解し難いそうです)
発達くんもルールをちゃんと理解していて、自分の行動のせいでゲームNGとなったらそれを受け入れますし、ルールを破って勝手にゲームをやることはありません。

実際にこのルールでやっていると、意外と毎日ずっとゲームだけ!ということにはならないんですよね。
ルールさえ守ればゲームはいつでもできるとわかっているので、(ゲームOKの時でも)他の遊びや、本を読んだり絵を描いたり散歩に行こうと誘ってきたりします。
ず~っとやってたらさすがに疲れるし、過集中も永遠に続くわけではないですしね。
もちろん親子でゲームを楽しむこともあり、良いコミュニケーションになっています。


ところで、発達障害の人はゲーム依存になりやすい、と言われることもありますね。
特にADHDの人はドーパミンが不足しているらしく、ゲームや動画にハマるのはそれを自己補完しようとしているのではないか?・・・という話を聞いたことがあります。
であれば、適度な利用はアリだと思いますし、一方でそれが依存しやすい理由なのかもしれないとも思います。
そこはあまりに過度にならないよう注意が必要かもしれません。

要するに『何事もほどほどに』ということですね(雑)